追い打ちをかけるGoogle

追い打ちをかけるGoogle

ビットコインの下落の波が止まりそうもない。MTGOXの破産管財人による売却もまだまだ続きそうなことに加え、追い打ちをかけるように米Googleが仮想通貨関連広告を6月から完全禁止と発表。

まだ80万円台半ばでもんでる状態だけど80万円割ったらかなり危ない状況。週明けのG20が終わるまではおとなしくしておいた方がいいかも。

グーグルの広告禁止については仮想通貨および関連コンテンツ(ICO=イニシャル コイン オファリング、仮想通貨為替、ウォレット、仮想通貨売買に関するアドバイスを含むがこれに限定されない)が6月から禁止。これは詐欺被害などに合う利用者の増加に伴う措置で利用者保護の観点から当然といえば当然。

何が正しい情報で何が不誠実な情報なのかを確認するのが難しい状況が一番の問題。ウォレットにしてもどれが安全なものなのか、詐欺的なものなのか判別しにくものがある。この辺になにかお墨付きを与えるような機関でもできればもう少し安心感をもてるのかも。

G20でもICO関連の規制についても話し合われるようですが、規制するところはしっかり規制して健全な状態になることでより一層仮想通貨の地位が確立されることになるのではないでしょうか。

しばらくは厳しい状態が続くとは思いますが、ここを抜ければ仮想通貨にとってより良い環境が構築されるものと期待しています。

一方NEMさんに関しては激戦の50砦戦に勝利したものの、激しい抵抗を受けBTCもろとも落ち込み、以前のヨコヨコ状態に戻る・・・38ラインが防衛ラインになりそうな感じ。

がんばれNEM!

Hilow