COMSAについに動きが! その影でひっそりと・・・

COMSAについに動きが! その影でひっそりと・・・

朝からビットコインが下げている中、COMSAが高騰しています。

CMS:ETH(イムサ)取引が一気に活発に。

CMS:XEM(ネムサ)も同様に高騰。

現在は落ちついていています。急騰したといっても、実はICO当初の価格が1$で約110円ちょっとだったのでまだまだ上がってくれないと・・・。

原因は昨日のニュースの模様。

テックビューロ・ヨーロッパによると、COMSA GLOBALのソフトウェア・プラットフォームの提供を開始したとのこと。

報道関係者各位

テックビューロ・ヨーロッパ 株式会社(英語名:Tech Bureau Europe S.A.、本社:スイス連邦ツーク州、以下「テックビューロ・ヨーロッパ」)は、COMSA Global ソフトウェア・プラットフォームを開始し、IP.Gold社に同ソフトウェアを提供することを発表致します。

どうやら今回もCOMSAによるICOではなくて、COMSAでのソフトウェアを提供して、IP.Gold社がCOMSA Global ソフトウェア・プラットフォームを使うことでトークンの発行、配布のプロセスを大幅に簡略化できるということらしい。IP.Gold社CIOのDavid Greieshaber氏も「COMSAによりトークン発行・導入にかかるプロセスは大幅に短縮されます。トークンに関与する他の企業も、検討することを薦めています」とのことでヨーロッパでの需要が増えることも予想されます。

注釈:
※本件はICOのトータル・ソリューションではなく、COMSAはソフトウェアのみを提供し、IP.Gold社のトークン発行や配布を効率化します。COMSA Globalソフトウェアを用いたIP.Gold社のトークン・セールは、米国、日本、またICOの参加を禁止としている国からの参加は不可能となっております。詳しくはIP.Gold社の公開情報をご参照ください。

注釈にあるように、今回のニュースはCOMSAによるICOではなく、ソフトウェア提供によりIP.Gold社がトークン・セールを行うようで、日本からのICO参加はできません。ICOについて比較的寛容なヨーロッパで地盤を固める動きの一貫なんでしょうか?

そういえばちょっと前にこんな発表があったばかりですね。

 

テックビューロは新設するテックビューロホールディングスにソフトウェア販売事業に関する権利義務を承継。この動きも関係しているのか?

何れにせよ1つ材料が出たのはいいですね!もちろん目指すは100円突破!

しかしその影でひっそりと終了したのがあの案件

さて結果はどうなったでしょうか!?

BTCモデル・・・Ω\ζ°)チーン

やっぱり皆取り下げた模様。1件のこるも最低落札価格の約100万円には満たないため落札はまさかのゼロ!?

ETHモデル

1ETHが7万円位なので14枚以下は届かずってことで、こちらもゼロ!?

このぐらいバッサリ行くと、もはやなんにも言えません・・・。

Zaifらしいと言えばZaifらしい。何はともあれBTC/ETHモデルのオークションは終了。まさかの再開があるのかも含めて注目しておきたいと思います。

海外での動きが活発なZaifですが、注文をもっと通りやすくするなどのシステム面の改善については未だにメンテナンス等なにも行われていないのが現状です、先日のようなロスカット祭りを再び引き起こさないように国内でも真摯に取り組んでいただきたいものです。

Hilow