金融庁が新たに行政処分 みなし業者の選別・淘汰へ

金融庁が新たに行政処分 みなし業者の選別・淘汰へ

本日、金融庁が新たに仮想通貨のみなし業者に対して行政処分を下しました。

今回、新たに処分を受けたの1社のみ、受けたのは「みんなのビットコイン」です。

以前の処分状況については前回のクラーケンの撤退に関する記事でまとめています。

クラーケンついに撤退決定! みなし業者の現状

みんなのビットコインが処分が発表されたのは奇しくも

昨日発表になった臨時メンテの最中とみられます。

•4/25 臨時システムメンテナンスのお知らせ

平素はみんなのビットコインをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
明日、下記の通り臨時システムメンテナンスを予定しております。システムメンテナンス中は新規登録のお申込み、ログイン(取引、入出金等)はご利用いただけなくなります。ご利用のお客様にはご不便とご面倒をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い致します。

■日時:2018年4月25日(水)15時より5時間(予定)
※メンテナンス作業の状況により、終了時間が延長になる場合がございますのでご了承ください。

みんなのビットコインは直ちにコメントを発表(もしかしたら予約記事っぽい?)

 このたびの業務改善命令により、当社サービスをご利用のお客様並びに関係者の皆様方に多大なるご心配とご迷惑をおかけすることとなり、深くお詫び申し上げます。
当社は、このたびの行政処分を厳粛かつ真摯に受け止め、仮想通貨交換業の適正かつ確実な遂行のための態勢構築を図り、仮想通貨交換業者の登録及びお客様の信頼回復に向けて、全力で取り組んでまいります。

今回の業務改善命令による当社が提供する各種サービスへの影響はございません。本日以降も、これまで通り、日本円の入出金、仮想通貨の入庫・出庫、仮想通貨取引を含む全てのお取引・機能について、通常サービスを提供させていただきます。仮想通貨交換業者の登録及びお客様の信頼回復に向けて、全力で取り組んでまいります。お客様には、これからもご安心して仮想通貨のお取引をしていただけるよう、より一層の態勢強化に注力してまいりますので、今後とも当社サービスをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

今後は、改善命令に対して講じた内容をを平成30年5月14日まで及び当局の求めに応じて随時に書面で報告することになります。13日に処分を受けたB-MEXと同じ日が期限になってることから、そのへんがみなし業者に対する何らかの線引に関わってくるのか?

みんなのビットコインに対する業務改善命令について詳しくは→関東財務局HP

みなし業者リストの中で処分されていないのは残り1社、deBitのみになりました。みんなのビットコインと提携しているということですが今回は処分は処分を免れました。対象としているのがFXブローカーや金融機関ということで個人には関係ないから処分されないのかな?

何れにせよ5月14日までにほとんどのみなし業者が金融庁に対して業務改善の報告をすることになります。この報告を受けて、みなし業者に対して登録の是非を判断していくような流れになるとすると、この一連の行政処分もうなずける。やはり色々なところで噂をされているみなし業者6月期限説は正しいのかも。

何れにせよ仮想通貨交換業者は複数登録しておくことをおすすめ。今後どの通貨がどの交換業者の取引所に上場するかもわからないし、開設完了までには少なくとも数日はかかるので機会損失を防ぐことにもなります。現在は維持費もかかりませんしね。

5月、6月も金融庁の動向には要注目!

Hilow