金融庁がみなし業者についにレッドカードか? みなし業者の現状 生き残るのは?

金融庁がみなし業者についにレッドカードか? みなし業者の現状 生き残るのは?

金融庁は、仮想通貨のみなし業者FSHO(エフショー、横浜市)の登録を拒否する方針。交換業を手がける体制が整っていないと判断し、市場からの撤退を迫る。と日経が報じました。

FSHOはコインチェック事件後の3月8日の一斉処分の際に業務停止処分および業務改善命令を受けました。同時期に業務停止を受けたビットステーションは業務再開せず廃業へ。

詳しくは→金融庁の行政処分について

みなし業者の中でも珍しく実店舗型の交換所を運営。最初の処分から業務停止とかなりずさんな経営状態だった模様。

続いて業務停止期間が明ける直前の4月6日に再び業務停止を受け、業務停止期間が2ヶ月延長されていました。当局が改善を要請した内容を十分に理解している者がいないため、取引を行う目的や職業の確認を実施していない。などと痛烈に批判されるも登録申請の取り下げはせず。今回金融庁が引導を渡すことになったようです。

今の所残っているみなし業者(コインチェックを除く)

みんなのビットコイン、バイクリメンツ、LastRoots、deBit、エターナルリンク、FSHO、ブルードリームジャパン、BMEXの8社

みんなのビットコインは業務改善命令に対する業務改善報告書を5月14日に提出

今回の業務改善命令による当社が提供する各種サービスへの影響はございません。本日以降も、これまで通り、日本円の入出金、仮想通貨の入庫・出庫、仮想通貨取引を含む全てのお取引・機能について、通常サービスを提供させていただきます。仮想通貨交換業者の登録及びお客様の信頼回復に向けて、全力で取り組んでまいります。お客様には、これからもご安心して仮想通貨のお取引をしていただけるよう、より一層の態勢強化に注力してまいりますので、今後とも当社サービスをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

引き続き登録業者を目指している。なお、アフィリエイトは停止中。

レムリアを運営しているバイクリメンツは3月22日に業務改善報告書を提出

その後の処分はなく、みなし業者として営業中。ビットコインキャッシュのハードフォークにも対応している。公式ツイッターは2017年10月27日を最後に止まっている。

LastRootsは4月20日に業務改善報告書を提出

お知らせも随時更新しており、6月2日には設立2周年を迎え、6月14日には記念イベントを銀座CHAIRSで開催予定。精力的に営業中。

deBit

当初みなし業者と見られていたが、みなし業者としての営業実態がないため、新規申請業者へ変更となっている。

エターナルリンクは業務停止期間終了前の6月1日HP上にて取り下げを報告

仮想通貨交換業登録申請の取り下げについて
当社は、この度、仮想通貨交換業の申請を取り下げる方針となりました事をご報告いたします。
お客様におかれましては、大変ご心配をおかけすることとなり、誠に申し訳ありません。

なお、エターナルコイン(XEC)については、返還方法について、現在関係機関と協議中で、具体的対応については、改めて報告するとのこと。

ブルードリームジャパンは廃業

価格操作などで、業務停止命令を受け、経営陣のを刷新するなど再開に向け動いていたが、業務停止期間終了前の5月31日の臨時株主総会にて廃業を決定

平成30年5月31日付の臨時株主総会において仮想通貨交換業に関する方針が下記の通り決定されたことをお知らせ致します。
「決定事項」
当社は、平成30年7月9日をもって、仮想通貨交換業の全部を廃止することを決定し、当局に対し登録申請取下げの意向を表明しました。

さらには前社長の使い込みなどが次々に発覚・・・

・ 会社名義のクレジットカードを利用して高額なギター等の楽器類を購入し齊藤前社長の私物化していました。
・ 齊藤前社長の個人の毎月の家賃、水道光熱費、生命保険を会社の現金で支払っていました。
・ 齊藤前社長の親族の方への仕送りを会社の現金で支払っていました。
・ 齊藤前社長個人の過去の借金(当社設立前)を会社の現金にて返済をしていました。
・ 勤務実態のない社員が数名存在し、過去の給与未払い等の補填や実際は工事代金等の支払いの為、社員給与と偽って返済していました。

他にも多々あるが・・・最後まで読む気にならなかった。

BMEXは5月14日に業務改善報告書の提出を報告

弊社といたしましては、引き続き、各項目の改善計画の詳細な内容及びその具体的な措置等について、九州財務局をはじめとした関係者との議論をすすめ、それらが固まり次第、順次公表をさせていただきます。また、1日も早く全てのサービスの再開を行うことができるよう、顧客保護を徹底した経営戦略の見直し等を進めてまいります。

6月12日が業務停止期間最終日となるが、今の所動きはない。

ということでみなし業者で残っているのはみんなのビットコイン、バイクリメンツ(レムリア)、LastRoots、BMEXの4社にマネックス傘下のコインチェックを加えた5社となります。

金融庁の資料の中で右下の4社のうち一番下がレッドカードで退場、その上の2つが自主廃業となると、やっぱりこの書き方にはなんらかの意図が反映されているのかって勘ぐっちゃいます。もしかするとBMEXもこのまま廃業に向かうのか、何れにせよ業務停止期間最終日の6月12日まではなんらかの動きがありそうです。

Hilow