MTGOXの亡霊の正体? BTCトップ5の動き

MTGOXの亡霊の正体? BTCトップ5の動き

久しぶりにオールグリーンが撮れた!まだまだ下降トレンドのような気がしますが・・・。BCHがちょっと弱いか?

さて、今日は思うところを少し。

今年に入ってからは大きな下落を何度も繰り返しています。そのたびに出てくるのがMTGOXの亡霊。

11日から12日のビットコインの10万円を超える暴落時にもツイッターにGOX売りだのなんだの騒ぎになってました。

確かにMTGOXのコールドウォレットを監視しているとされるCryptoGroundによると、5月10日に約8000BTCが移動していることがわかります。

1439q4Na8v88kPBqoyg8F4ueL9SYr8ANWj 2000.00101 0.00000 BTC move -2000 2018/5/10 2:59
155FsTtEFq4eGCcBxDseuwLKPbmtWbyHJR 2000.00101 0.00000 BTC move -2000 2018/5/10 2:59
16W4XcUAKPmSES9MiUCio28msSCp8rDZgs 2000.00200 0.00000 BTC move -2000 2018/5/10 3:00
1EiiKCCnFgHjEvPZdu29qqgdBm8zTvpU3U 2214.97342 0.00000 BTC move -2214.97 2018/5/10 3:00

問題はこの後の流れ。これらのアドレスを見ていくと1つのアドレスにまとめられていることがわかります。

下の部分が一番最初にこのウォレットへのトランザクションでこの時は3つのうち2つからはすべてのBTCが、最後の16W~のウォレットからはなぜか0.001BTCのみ移動していました。その後上部のトランザクションで16W~の残りと4番目のアドレスから全部が移動しています。減っているのは手数料分でしょうか。

これでMTGOXの4つのコールドウォレットから1つのアドレスに約8000BTCが集められたとこになります。

そしてそのアドレスは現在・・・

取引件数3、受信総数と最終残高が8214.97744BTCということでここからは動いていないことがわかります。このとこからも今回の11日以降の下落にはMTGOXのBTCが売り圧となったとは考えにくいと思います。

MTGOXの亡霊とはまさにこのことではないでしょうか。MTGOXの管財人によるBTCの売却そのものが関係していないのにあたかもMTGOXが関係していると関連させようとする未確認の情報、これそのものが亡霊の正体のような気がします。

しかし、そういった未確認の情報であっても市場に影響を与え得るという現在の状況が亡霊の出現を許してしまっている、これはまだまだ市場が成熟していないことの現れであって、今後さらに市場が拡大し、成熟して過程でこういったことも減っていくんじゃないかと思います。

続いてはBTC保有数トップ5の変化

Address Balance △1w/△1m % of coins
3D2oetdNuZUqQHPJmcMDDHYoqkyNVsFk9r
wallet: Bitfinex-coldwallet
191,799 BTC ($1,578,703,251 USD) -13319 BTC / +5914 BTC 1.13%
16ftSEQ4ctQFDtVZiUBusQUjRrGhM3JYwe
wallet: Binance-wallet
152,779 BTC ($1,257,534,193 USD) +52832 BTC / +52832 BTC 0.90%
16rCmCmbuWDhPjWTrpQGaU3EPdZF7MTdUk
wallet: Bittrex-coldwallet
122,203 BTC ($1,005,859,295 USD) / -15000 BTC 0.72%
3Cbq7aT1tY8kMxWLbitaG7yT6bPbKChq64
wallet: Huobi-wallet
98,041 BTC ($806,984,129 USD) / -3015 BTC 0.58%
3Nxwenay9Z8Lc9JBiywExpnEFiLp6Afp8v
wallet: Bitstamp-coldwallet
97,848 BTC ($805,393,905 USD) / -6000 BTC 0.57%

1位Bitfinex、2位Binance、3位Bittrex、4位Huobi、5位Bitstampとなっているようです。ここで注目したいのはここ一週間で2位のバイナンスを除く全てでマイナスになっているのに対し、バイナンスだけ52832BTCも増えています。

1位のビットフィネックスは英領バージン諸島で登録していますが、特定のユーザーにレターを送付し、ユーザーは課税情報を開示する必要があり、その情報をビットフィネックスは政府に提供する可能性があると説明。とツイッターで明らかに。そのため資金を引き上げようとする動きがありバイナンスに流れたのかもしれません。

5位のビットスタンプに関してはツイッターアカウントが乗っ取られ、いかがわしい写真が・・・

いくつかの不正なポストのせいで、ツイッターのアカウントに不幸な事故が起こった。我々はすぐに状況を解決し、すべてが正常に戻りました。

なんかがぽろんとした写真がTLに流れてきてなんだって思ったらビットスタンプの公式だった。ちょっとは影響したのかな?

MTGOXの件については裁判所の判断が待たれます。昨年11月24日に民事再生の申し立てがなされ、2月28日には裁判所が選任した調査委員から調査報告書が提出され、3月28日には速やかに結論を下すようにとの上申書が提出された。しかしそれからもう2ヶ月が経とうとしています。5月24日には申し立てから半年となり、そろそろ結論がでてもおかしくはありせん。MTGOXの亡霊を成仏させるためにも、なるべく早く判断を下してほしいものです。

Hilow