ついにMTGOXの亡霊が成仏!? 民事再生法適用決定で今後は?

ついにMTGOXの亡霊が成仏!? 民事再生法適用決定で今後は?

折しもビットコインが暴落した22日。

これまで散々暴落する局面で見え隠れしていたMTGOXの亡霊がついに成仏!

MTGOXにつき、平成30年6月22日午後5時、東京地方裁判所より民事再生手続開始決定がなされ民事再生手続が開始されました。これにより、従前行われていた本件破産手続は、中止されました。また、民事再生手続開始決定と同時に東京地方裁判所より管理命令が発令され当職が再生管財人に選任されました(東京地方裁判所平成29(再)第35号再生手続開始申立事件)。

民事再生手続き開始決定とともに破産手続きは中止。破産管財人小林氏は新たに再生管財人に選任。

申立日が昨年11月24日で決定までに約7ヶ月を要する事例の自体は仮想通貨がまだまだ全くと言っていいほど一般的ではないことの象徴と言ってもいいのかもしれません。裁判官も相当苦心した結果かと思います。

本件民事再生手続の今後の予定は以下のとおりです。
① 財産状況報告集会・125 条報告書の提出期限 平成30年9月26日
② 再生債権の届出期限 平成30年10月22日
③ 財産評定書の提出期限 平成30年12月27日
④ 認否書の提出期限 平成31年1月24日
⑤ 再生債権の一般調査期間 平成31年1月31日
~同年2月7日
⑥ 再生計画案の提出期限 平成31年2月14日
※ 上記日程につきましては、今後の手続の進行により変更となる可能性があ
ります。
※ 再生債権の届出の書式等につきましては、追って、本ウェブサイト
(https://www.mtgox.com/)にてお知らせいたします。

財産状況報告集会とはいわゆる債権者集会ですね。

破産手続きとの大きな違い

破産手続きの場合

非金銭債権(主にビットコインなど)は破産手続開始時の評価額を基準として、金銭債権に転換されるとうことで、1BTCが約5万円で返還予定だった。この分の資金を確保するためにこれまでMTGOXの管財人はビットコイン(BTC)及びビットコインキャッシュ(BCH)を売却してきました。そのため市場の下落要因として取り沙汰されてきました。また、返還時には利息もつけて返却する必要があるため、時間がかかればかかるほどに売却が続く可能性も残されていました。

また、破産手続きの場合余った資金はMTGOXの株主に返還されることになるため問題に。

民事再生手続きの場合

非金銭債権が金銭債権に転換されることはない。つまり金銭債権ではないビットコインの返還についての債権はそのまま残っている。簡単に言うと現金に換価してではなくビットコインで返せと言うことができることになります。

既に売却した分のビットコインおよびビットコインキャッシュについての扱いがどうなるのかはまだわかりませんが、少なくとも民事再生手続きが廃止されない限り今後ビットコインやビットコインキャッシュを売却することはない。今後は売り圧にはならないということです。

再生手続の中で今後買い戻しまであるとするなら好材料になりそうですがちょっとむずかしいか。

債権者としての注意点

Q8 私は破産手続において既に債権届出をしているが、今回、民事再生手続
が開始されたことに伴い、改めて債権届出をしないといけないのか。
A8 お手数ですが、再度債権届出をしていただくようお願いいたします。債
権届出を行うために必要な情報は、追って本ウェブサイトにてお知らせしま
すので、お待ちください。

破産手続きの際に債権届出をしていても再度債権届出をしなければなりません。届出期限は平成30年10月22日です。さらに、前回の破産手続き時に債権届出をしていなかった方や期限に間に合わず提出できなかった方でも新たに届出が可能なので諦めていた方も今回提出しましょう!

今後は管財人が再生計画を立てて裁判所に提出することになると思いますが、今回の民事再生を申し立てた債権者側の代理人も独自に再建計画案を作成して管財人に働きかけるようです。そのために債権者からの意見を募るもよう。

 現在、我々が考えている再生計画案の骨子について、近々、「再生計画案の骨子」という記事を掲載する予定ですので、ご覧ください。再生計画案の骨子に対する債権者の皆様のご意見は、「再生計画案の骨子」の記事のコメント欄への記述、メールアドレスへのメールの送信、手紙のいずれの方法によっても受け付ける予定です。もっとも、再生計画案は、一義的には再生手続における管財人が作成するものであり、管財人作成の再生計画案に、債権者の意見がそのまま反映されるものではありません。また、我々が作成した再生計画案は、現時点の案にすぎませんので、債権者の皆様の意見を伺い、できる限り債権者の意向を反映した計画案にしていくことを想定しています。

Mt.Gox Creditors

どこまで管財人が取り入れてくれるかはわかりませんが、いい方向に向かってくれるといいですね。今後も管財人、債権者代理人の動向に注目したいと思います。

管財人→https://www.mtgox.com/
債権者代理人→https://mtgox-creditors.com/author/mtgoxcreditor/

Hilow