NANJコイン救出大作戦!

NANJコイン救出大作戦!

つい先日NANJを保管しているHBウォレットについて気になるツイートが・・・

なんと!ウォレットからコインが盗まれるだと!

盗まれたのはHBウォレットの中でもAndroid版のみらしく、PC版、iOS版は大丈夫らしい。

ウォレットを開くこともほとんど無いから放置してました・・・

そこで、以前に作ったことのあったMEW(My Ether Wallet)に移そうかと思って、送金方法などを調べていると・・・

HBウォレットを運営しているbacoorさんのHPに詳しく載っていたのでそこで確認。

マイイーサウォレットへの送信方法

ただし、すっごく見にくい・・・。画像がクリックして拡大にはならないので、クロームなら新しいタブにドラッグするかダウンロードすると大きいサイズで見ることができます。

なんとか設定はできたみたい。

でもこれだと送金したわけじゃないからダメなのかな?よくわからない・・・。HBウォレットを開くと残高そのままになってるし。

HBウォレットから送金作業をしないとってことでやってみようっと!

最大ってところを押すとNANJの残高全部が反映されますが・・・おっと!手数料が0.0015ETHかかるやん。NANJのエアードロップのためにだけ作ったウォレットだからもちろん他にはなんにも入っていません。ということはイーサを最低でも0.0015ETHどこかからか送らないといかんのか。

そこでイーサの出金手数料などを調べてみると。

Zaif
出金手数料は一律0.01ETHです。他アカウントへの振替の場合は手数料は無料になります。

ビットフライヤー
イーサ(イーサリアム) 0.005 ETH

ビットバンク
ネットワーク手数料 0.005ETH

Zaifは高いのでビットフライヤーかビットバンクからにしようってことで口座を見てみると、ビットフライヤーに若干JPYが残ってて、なんとかなりそうw

ギリギリ0.007ETH買えたw 小数点以下3ケタまでしかビットフライヤーでは設定できないのでしょうがないですね。使えない残高が役に立ったのでよしとしよう!

(すっかり忘れてましたが、GMOコインは入出金手数料が0なんですよ、トホホ…)

で、送ろうと思ったんですが、このラベルってのがよくわからなかったんで調べようとしていると・・・

な、、、なんですと!手数料がない場合、緊急措置で手数料を負担してくれるだと!!

あぶないあぶないw

DMでって書いてあるけど、公式にこのような記事を見つけました。

 Android版HB Wallet から資産を退避するために外部ウォレットへ送信する際の送信手数料(ETH)の補填について

ここからグーグルフォームを使って

メールアドレスとHBウォレットのイーサリアムアドレスを入力して送ることができます。

直後に返信メールが届きました。

現在1時間ほど経過していますが、まだ手数料分のイーサリアムは確認できていません。

順番に送信手数料を配ってくれているらしいのでメールを待つことにします。

(ラベルについては入力してもしなくてもいいみたい、自分が何の送金なのかをわかるようにするためのもののようです)

その間に色々調べていると、今回の詳細が出てました。

過去のアプデの際にアイコンが消えたことがある場合は要注意とのこと!

一応自分の場合は消えたことはなかった気がします・・・多分。

ただし、消えたことがなかったとしても完全に安全が確保されているわけでは無いので外部ウォレットなどに送金したほうがいいそうです。

そしてついに犯人は特定された模様です。特定し、直接コンタクトをってことから内部犯くさいなって思ったら、やっぱり内部犯でした・・・

今回の被害は、公式によると、

犯人の証言と弊社の調査結果を照合したところ、現在判明している被害状況は下記のとおりです。

・被害を受けたアドレス数は13

・Ethereum(924.0288582 ETH)

・Tronix(14829 TRX)

現時点では、これらの暗号通貨以外の被害は確認できておりません。

とのことです。詳しくは公式の

Android版HB Walletにて発生している盗難被害の調査状況と再発防止策についてのご報告

こちらから確認してみてください。

犯人が特定されたものの秘密鍵が流出している恐れもあるため、外部ウォレットなどに送金した上で、新たにHBウォレットを作成するなど対策をとる必要があるとのことなので、何もせず放置はしないほうが良さそうですね。

送信手数料分のETHが送られてきたら追記する予定です。

Hilow