Zaifがオークションを開札した結果 入札は? チェックの甘さを露呈することに・・・

Zaifがオークションを開札した結果 入札は? チェックの甘さを露呈することに・・・

ついに昨日ZaifのCHRONOSWISSブロックチェーンモデルの時計オークションが開札となりました!

結局中止せずに強行となったのですが、一夜明けてどのくらい入札があったのか確認してみます。

開札後3時間ほどの昨日21時に確認したときはたしか合計で3本分だったと思います。

さて、現在はどうなっているのか・・・!

まずはネムサモデル

ゼーーーーーローーーーー・・・。おおっと!いきなりの真っ白板です。

続きましてイムサモデル

おっと!2本も入札あり!最高値の36003CMS:ETHは現在のレート(27.00JPY)で972081JPY!こ、、、これはもしかすると今後の上昇次第では落札可能レベルまで上がりそう。ついに本気の入札来たか!もちろん最後の最後まで取り下げなければですが。ICOの時に高値で買った人がコムサにはもう未来がないから物に変えて損切して時計にプレミアつくのを期待してるかもw ある意味節税になる?

ザフトモデルも入札なし。ザフトを今持ってる人はザイフ愛が強くて上がるのを期待してるコアなホルダーばっかりだから100万円分も手放す人はいない気がする。でも年末にロックアップ解除で下がったらどうするんだろう。

NEMモデルにも1件入札が!37000XEMは現在のレート(16.94JPY)でいくと626780JPY。落札可能レベルになるためには1XEM=27JPYにならないといけないけど、10日には27円ついてたんだよね・・・NEM頑張れ!

結局昨日の3本から微動だにしていなかった・・・w

それぞれのチャートも確認してみよう!

ネムサ(CMS:XEM)はここ3日上げ。

イムサ(CMS:ETH)も同じ。この2つはだいたいいつも同じ動きですよね。

ザフト(ZAIF)は昨日今日は下げ(今の所)。

ネム(XEM)・・・

ビットコイン(BTC)がこの動きなのでザフトとネムは連動して動いただけ。コムサはちょっと違う動きがあったので若干の影響はあったのかもしれない。

とは言えかなりの逆風の中なので、今後どうなっていくのか。オークションの概要は

オークションスケジュール
開始日:2018年6月26日 18:00
終了日:2018年7月10日 18:00

入札開始価格
9000フラン(CHF)相当から入札可能

まだまだ始まったばかり。はたして今回は落札する強者は現れるのか?

今回もまたツッコミどころが色々用意してくれてるZaifはやっぱりさすが!

ネムモデルの板が気になったんだけど、小数点以下8桁あるんだよね。気になってXEMって何桁までの取引だったか確認してみると・・・

小数点以下1桁まで。手数料がtaker0.1%ってことを考慮しても小数点以下8桁になることはない気がする。念の為小数点以下どのくらいまでが入札可能なのか試しに入札価格に入力してみたんだけど・・・

あ、、、小数点以下切られるwww

もしかして手数料ででたゴミを処分する機会を与えてくれたのかと思ったけど、そもそも小数点以下入力できないという結果に。さすがZaifだ。こんなちょっとしたミスも見落とすとは。(手数料ゴミ=手数料の発生ででた板にのせられない端数)

またしてもチェックの甘さを露呈する形となってしまった・・・。

やっぱり、一旦中止して、「全社一丸」で業務改善に取り組んだほうがよかったんじゃないかなぁ・・・。

そのうち修正するのかどうかも含めて今後を見守っていこうと思います。がんばれZaif!

Hilow