ZaifのAirFX リミットとストップの違いと注意点

ZaifのAirFX リミットとストップの違いと注意点

ZaifのAirFXではレバレッジ25倍で取引が可能です。ロング(買い)とショート(売り)ができるけど、価格暴落時も利益が出せるショートがあるのがポイント。

AirFXとは

ZaifのAirFXの説明によると

AirFXとは?

ビットコインAirFXは実際には現物取引ではありませんが、あたかも現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられました。

AirFXは、典型的な先物に似たデリバティブ商品ですが、それとはいくつか異なる点があります。

AirFXには期限と、期限到来による決済がありません。(無期限)

先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。

AirFXでは、Zaifの現物価格からの乖離に基づいて、一定時間毎にユーザー間のスワップ手数料を発生させること(ファンディング)により、取引価格をできるだけ現物価格に近づける機構を備えています。

また、現物取引ではないため、取引中のビットコインの移動や、ポジションの現物による精算(現引き・現渡し)はできません。

国内ではレバレッジは25倍が最高かな?海外にはBitMEXとか100倍とかもあるけど。本家FXのレバレッジは早ければ本年度中に10倍に規制するというような議論もあり、今後は規制される可能もあります。チャンスは今のうちかも。

注文方法

注文する際には、ロング(買い注文)かショート(売り注文)かを選択して、価格を入力または売買注文の板の価格をクリックすれば反映されます。続いて数量を入力すると、グレーの部分の必要証拠金、手数料、ロスカット予想が自動的に計算されて表示されます。これらはレバレッジを変更すると数値も変わります。

ここでリミット売り(買い)、ストップは入力しなくても注文ボタンを押せば注文できます。

そして、注文が約定した後には決済注文をします。これがリミットです。予想に反して価格が動いた場合に損切りをするために予め設定しておくのがストップになります。

AirFXには期限が無いので、リミットもしくはストップによって決済されるか、ロスカット発動によって強制決済されるか、EPS発動によって強制決済されるかのいずれかで決済される仕組みになっています。

EPSについては過去のこの記事を参考に

ビットコインが爆上げでロングに期待するもEPS発動で・・・

ここではリミットとストップの違いについてまとめます。

リミット注文

リミット注文はロング(買い)の場合は基本的に買い指値よりも大きい額を、ショート(売り)の場合は売り指値よりも小さい額を入力しますので基本的には利確したい価格を入力することになります。

ストップ注文

ストップ注文はロング(買い)の場合は買い指値よりも小さい額、ショート(売り)の場合は売り指値よりも大きい額を入力します。損切りする基準になります。

ストップ注文の注意点

ストップロスについて
トレードをするにあたり、リスク管理として損失を最小限に抑えるために損切が重要となります。
損切とは、相場が不利な方向へ進んだ場合に、さらなる損失を防ぐ目的で、ポジションを清算し損失を確定させる行為です。
ストップロスを設定することで、保有ポジションの損切りを自動的に行い、市場価格が指定した価格に到達すると成り行き注文で決済することが可能です。

Zaifの説明によると、ストップ価格に到達すると成行で決済となっています。さらに問題なのは次の部分。

ストップ価格を変更して直ちに損切りされるわけではなくあくまで設定となります。
例えば、現在の終値に変更されても即座に損切りは行われません。設定完了後、取引が成立した段階で損切りが行われます。

どの時点で取引が成立するのが不明確・・・。

ストップ指定しても実際にすぐには損切りできないよ!

実際にロングで試してみました。

ストップ価格を938880で設定しても、あくまで設定であって、価格が到達した時点で成行で発動するため実際の板にその価格で並ぶはずもなく。そもそも指値じゃないから当然か。

実際にその価格を通り過ぎて数分しても発動しないことも多々あります。もちろんその間にもどんどん含み損は増えて行くことも多い・・・。その逆で損切りされなかったおかげでその後上がってってこともないことは無いが・・・。

ストップ価格は現在価格よりも小さい値で設定する必要だって・・・。価格が急落もしくは急騰してる時に直ちに損切りしたいのに、その下落(高騰)スピードに先回りしてさらに損な価格で設定して、しかもすぐには発動しないからそこからさらに損をふくらませる仕様になっています。

そもそも負荷対策で現物の成行注文停止したまんまなんですけど、ストップの成行はそのままなんですね。(これで負荷がかかってる気がするけど・・・)

ストップの代わりにリミットを使うことで損切

 

リミットを941230で入れてみたところ、板の一番上に注目!941230のところに0.03枚の板が出現。そう、リミットは成行じゃなくって指値なんです。なのでこの板が消費された時点で確定します。

これを使って、実際に損切りしてみます。先程のロングで現在価格が939200で939200の板が残っている時に、現在価格よりもかなり低く938000でリミットを入れてみると・・・

はい、939200で決済されました!リミットを並んでる買い板よりも低く設定した場合はその時点で一番高い買い板から消費する成行のような決済が可能です。なので即座に損切りしたい場合にはリミットを使った方がいいと思います。

もちろんショート(売り)の場合はこの逆、リミットを現在の売り板よりも高く設定することで一番安い売り板から消費していく形になると思います。

ストップはあくまで保険、損切はリミットで

このようにストップはあくまで保険のため、ずっと張り付いていられない場合などにはもちろん有効です、しかし、目の前で食い止めることができる損ならリミットでトドメを指したほうがいいかもしれません。

Hilow