BCHハードフォークその後とZaifのBCH増殖騒動の詳細

BCHハードフォークその後とZaifのBCH増殖騒動の詳細

今日の深夜にビットコインキャッシュのハードフォークが無事完了したようです。今回のハードフォークは分裂ではなくアップデートのほうです。

BCHのハードフォークはブロック数ではなくてメディアンタイムパスト(MTP)法に基づいて行われるため正確な時間は把握するのが難しいようです。MTP法は過去11ブロックのタイムスタンプの中央値を使います。メディアン(メジアン)は中央値、タイムスタンプはおそらくUNIXのタイムスタンプ。http://url-c.com/tc/などで変換することができます。

例えば

日時(Tokyo)=2018/05/16 00:00:00 これをUNIXタイムスタンプに変換すると

タイムスタンプ=1526396400 となります。

今回のガードフォークは最新の11ブロックの中央値が1526400000以上になる際に、新しいコンセンサス規則が次のブロックから適用されます。このブロックが検出されたときがハードフォーク完了となるようです。

今回のハードフォークによってビットコインキャッシュは

ブロックサイズが8MBから32MBに変わりトランザクションの量とスピードを向上。Paypalのような支払いボリュームが可能になるとも言われています。

また、オプショナルコードを加えることでイーサリアムのようなスマートコントラクトを実装する。

ハードフォークへの期待から価格は上昇するも・・・

GWで祭りは終わっていた模様。ハードフォーク直前にもう少し上がるかと思ったけど、11日のUpbitの家宅捜索のダメージから抜けきれず、またも高値掴みに終わってしまった・・・w

今回のハードフォークに伴いZaifを含め仮想通貨交換業者はそれぞれ対応をとった。

BCHハードフォークに伴う
入出金の一時利用停止について

日頃より仮想通貨取引所『Zaif』をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ビットコインキャッシュ・コミュニティによるビットコインキャッシュ・ ブロックチェーン(以下BCH)のハードフォークが、2018年5月16日(水)午前1時~午前3時頃に予定されています。

これに伴いZaif Exchangeでは、ハードフォーク実施見込みの約1時間前から、BCHの入出金を停止いたします。
停止日時:2018年5月16日(水) 午前0時頃
対応:BCHの入出金の停止

※入出金の再開は、ハードフォーク後、BCH・ブロックチェーンの安定稼動を確認した後に予定しております。再開の際には改めてご連絡いたします。

なお、新たなチェーンへの移行は自動的に行われるため、お客様ご自身で行っていただくお手続きはございません。

GMOやBitFlyerなんかもメールが来ていました。そういえばBitPointはなんにもなかったな。Bitbankは対応済みで当日はなにもせず。

Zaifはこのお知らせの前に実はこんなことをツイートしています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の入金用アドレスを新しい形式に変更。しれっとツイートしてるんだけど、Zaifのニュースを確認すると・・・

無いんだよね・・・。メールも確認してみたけどやっぱり来てない。やっぱりツイートで気がついただけだったと思う。そしてこの時に事件は起こっていた!

翌日あたりからか、ツイッターのTL上にZaifでビットコインキャッシュ(BCH)の増殖バグ?みたいなツイートが出てきて、まさかそんなことあるわけないと思っていたんだけど。その後にツイートがあり、事実と判明。

ここんところですよね。事象が発生したのが11日夕方18時頃、そしてこのツイートが14日。そして、ニュースにも載せていない。これが事実。

取引所を24時間365日開設しているのだからサポート体制も24時間365日対応できるような体制を整えていかなければ顧客保護も何もあったものじゃないでしょう。まぁ、そもそもの対応がこれですけどね。

  • お問い合わせ対応時間
    • 平日 10:00 ~ 17:30(土日祝・盆期間・年末年始は休み)
  • お問い合わせに対する回答について
    • お客様よりいただいたお問い合わせは確認の上、順次対応させていただきます。
    • お問い合わせの際、ユーザーID、お名前などを確認できない場合は、お客様にご本人確認をさせていただく場合がございます。
    • お問い合わせの内容によっては返答できない場合もございます。あらかじめご了承願います。

24時間体制で対応できないにせよ、だったらなぜあんなタイミングで変更したのかってとこだよね。ツイートは19時59分、事件が発生したのは18時頃ってなってるから変更したのもだいたいこのタイミングってことでしょう。金曜日の18時このタイミングで問題発生してももう終業時間だし、土日休みだし、対応は週明け!って感じだったとしたらもはや企業として終わってる。

さらにその後の対応がなんともZaifらしい。

BCHが重複したと見られる顧客に対しては個別にメールにて返還を依頼したっぽい。つまり対応されなければ戻せないってことかな?口座の一時凍結とかアカウント一時停止して返還後に解除とかは難しいのかな?まぁ、その間に今みたいに暴落したりしたらそっちの方が問題になるか。


そしてこのダブったBCHはどこから来たものなのか?取引所の詳しいシステムがわからないからなんとも言えないけど、増えた分はどこかで減ってるんじゃない?それが取引所の保管分なのかどうかはわからないけど。

Zaifは短期間で問題を起こしすぎ。ビットコイン0円事件が2月16日、強制ロスカット連鎖でZaifだけビットコインが大暴落したのが2月22日と4月26日の2回、そして今回のBCHハードフォーク前に2倍にセルフフォーク、たった4ヶ月でこれだけやらかす。

今回の件は18時頃のアドレス変更のタイミングにBCHを入金した分だけのようで0円事件と比べればそこまで影響はなかったのかもしれないが、それにしても公式にHPとかで何も発表しないのはどうなんでしょう?

今回の件で多くの人がZaifから資産を移動した模様。自分はZaifはNEMがメインなので移動しようかな。ウォレットに移すか・・・。

さすがにそろそろ業務停止あってもおかしくはないと思う。金融庁は動くのだろうか?

ちなみに今現在このBCHの件についての新たなアナウンスは・・・ない。

Hilow